研修・セミナー ISO 26262

コース名 ISO 26262基礎研修
費用 51,840円(研修費用48,000円+消費税3,840円、テキスト費用、昼食代を含む)
研修時間 1日間 9時~17時(8時45分受付開始)
定員 8名
講師 小谷田 一詞
コースID  FS1-01
概要 自動車用機能安全規格ISO26262を組込技術者の立場で、如何に自らの開発に実装するのか、の観点を理解いただけるようにするトレーニングコースです。 「安全」に関する基本的な考え方を基礎とし、基本安全規格IEC61508と自動車用機能安全規格ISO26262の役割、位置づけや今後の自動運転社会に向けた安全の考え方を説明します。 なぜ、ISO26262が開発されたか、自動車特有の安全度水準レベルの考え方、欧米の動向等を説明し、自らの開発活動に効果的に実装するためには何をすべきか、等、開発現場の立場にたった説明をします。 全て、自分の開発現場の経験を基に、欧米の機能安全推進者と意見交換を実施し培った結果をお話しします。 自社の生き残りのための良いツールとして自動車用機能安全規格を取り込んでいただくことを目的とした基礎的なトレーニングコースです。 その他、詳細は、お問合せください。
開催予定日 開催場所 状況
2018年7月25日(水曜日) 東京都、都市センターホテル605会議室 空席有り
2018年8月29日(水曜日) 神奈川県横浜市、ロイドレジスタジャパン㈱ 研修室 空席有り
2018年9月26日(水曜日) 神奈川県横浜市、ロイドレジスタジャパン㈱ 研修室 空席有り
2018年10月24日(水曜日) 神奈川県横浜市、ロイドレジスタジャパン㈱ 研修室 空席有り
2018年11月28日(水曜日) 神奈川県横浜市、ロイドレジスタジャパン㈱ 研修室 空席有り
備考 ”東京都市センター開催分は参加者が少数の場合は、横浜市みなとみらいの弊社会議室で実施する場合もあります。(その際は、2週間前にご連絡致します)” 研修終了後、講師より「ISO 26262基礎研修修了証(CERTIFICATE OF TRAINING)」をお渡しいたします。
コース名 ISO 26262実装研修
費用 410,400円(研修費用380,000円+消費税30,400円、テキスト費用、プロセス定義及び成果物帳票類データ CD1枚、昼食代を含む)
研修期間 5日間
時間 9時~17時(5日間)(初日は8時45分受付開始)
定員 6名
講師 小谷田 一詞
コースID  FS2-01
概要 自動車用機能安全規格ISO26262は、安全に対する説明責任を果たすためのプロセスが主として記述されています。開発現場のプロセスを拝見すると規格に記載されている内容の表現を変えた内容となり、現場の実活動とかけ離れたプロセス、即ち誰も使用しないアセスメント対策用プロセスとなっています。一方、規格に準拠しつつ達成すべき対象はプロダクトであり、それは、安全機構(Safety Mechanism)としてitemに実装されます。説明責任を果たすためには、この安全機構構築の根拠、充分性を説明することが求められますが、アセスメントで問うた時に「過去からこうなっている」という返答ばかりで、説明できない場合がほとんどです。 これらの状況を打破することを目的としたのがこの教育コースです。 担当講師の40年間に渡る組込技術に裏付けされた安全に関するサービスを多数世に送り出した経験と知見をもとに成熟させてきたプロセスと、欧州OEMと議論してきた安全機構実装のプロセスを教育のコンテンツとしました。プロセス定義書、成果物帳票、全てをお渡しします。 ぜひ、組織に戻られてこれらの担当講師の成果物を参考に皆様の組織レベルに合わせたプロセスに焼き直しいただき、説明責任を果たすことを目的とした、実装を意識したトレーニングコースです。その他、詳細は、お問い合わせください。
開催予定日 開催場所 状況
2018年10月15日(月)~19日(金) (5日間) 神奈川県横浜市、ロイドレジスタジャパン㈱ 研修室 空席有り
備考 研修終了後、講師より「ISO 26262実装研修修了証(CERTIFICATE OF TRAINING)」をお渡しいたします。