研修・セミナー

ロイドレジスタージャパンの機能安全教育は、自動車機能安全規格ISO 26262をベースに

  • 現場の活動を尊重した説明責任を果たせるプロセスの構築
  • 説明責任を果たせる安全性とディペンダビリティを備え持つプロダクト開発
  • (機能)安全文化が醸成された組織

を実現するための力量開発を目指しています。
また、Automotive SPICE、CMMI等で高い知見と実績のあるコンピータジャパン様
(http://www.compita-japan.com/)と協業し、機能安全を下支えするQMプロセスであり、ディペンダビリティを担保した上で安全の活動を実践するために必要なAutomotive SPICEの教育研修もご提供しています。

      • 自動車業界のソフトウェア品質改善に関わるAutomotive SPICE
      • 自動車機能安全規格ISO 26262

などの教育研修をご提供することができます。