研修・セミナー

ロイドレジスタージャパンの機能安全教育は、自動車機能安全規格ISO 26262をベースに

  • 現場の活動を尊重した説明責任を果たせるプロセスの構築
  • 説明責任を果たせる安全性とディペンダビリティを備え持つプロダクト開発
  • (機能)安全文化が醸成された組織

を実現するための力量開発を目指しています。

  • ISO 26262基礎研修
  • ISO 26262実装研修

などの教育研修をご提供することができます。

研修コース

自動車機能安全
    • ISO 26262 自動車機能安全基礎研修
    • 自動車用機能安全規格ISO26262を組込技術者の立場で、如何に自らの開発に実装するのか、の観点を理解いただけるようにするトレーニングコースです。 「安全」に関する基本的な考え方を基礎とし、基本安全規格IEC61508と自動車用機能安全規格ISO26262の役割、位置づけや今後の自動運転社会に向けた安全の考え方を説明します。 なぜ、ISO26262が開発されたか、自動車特有の安全度水準レベルの考え方、欧米の動向等を説明し、自らの開発活動に効果的に実装するためには何をすべきか、等、開発現場の立場にたった説明をします。
    • ISO 26262 自動車機能安全実装研修
    • 自動車用機能安全規格ISO26262は、安全に対する説明責任を果たすためのプロセスが主として記述されています。開発現場のプロセスを拝見すると規格に記載されている内容の表現を変えた内容となり、現場の実活動とかけ離れたプロセス、即ち誰も使用しないアセスメント対策用プロセスとなっています。一方、規格に準拠しつつ達成すべき対象はプロダクトであり、それは、安全機構(Safety Mechanism)としてitemに実装されます。説明責任を果たすためには、この安全機構構築の根拠、充分性を説明することが求められますが、アセスメントで問うた時に「過去からこうなっている」という返答ばかりで、説明できない場合がほとんどです。これらの状況を打破することを目的としたのがこの教育コースです。