喝!自動車機能安全コンサルタント ブログ

このブログの目的とは。

自動車機能安全 主席シニアコンサルタント
小谷田 一詞(こやた いっし)
欧州、日本における市場の最新情報を持ちながら、長年の実践と経験に基づいた個性的な提言をするサムライ野武士。

松下時代は、仕事を得るために自らの開発実績をもとに営業とともに提案活動を実施、受注するという活動に明け暮れていました。仕事が降って湧いてくることは一切なくアンチ松下の顧客を如何にして落とすか、これに終始していました。「鍋窯の松下の分際で・・・。」、「おまえらにソフトがわかるハズはない。」、「お前らが手を挙げなければ俺は安泰なのに・・・。」、「松下は、D社、A社の当て馬・・・。」と言った屈辱をうけながら必死で受注を勝ち取り、顧客の期待する以上のQCDを提供する人生でした。屈辱を受けた顧客が、我々が開発を成功させることで組織内で昇格し喜んでくれる、これが小谷田の顧客満足度(CS)の指標となりました。QCD達成が困難なサービスを世に送ることが技術屋の使命!と考えます。一方、定年退職前の前職で自動車分野に関与すると、口を開けて待っている技術者が多いのに驚きを感じました。安全に関する考え方も17年前にご一緒させていただいたOEMの方の考え方と今のOEMの行動結果が大きくかけ離れており・・・・。若手の技術者もなぜこのように設計しているかの説明ができず、以前からこうなっている・・・・、と。開発の実態を見ていると衰退していった携帯電話開発の状況に酷似しており、このままでは日本の組込技術が滅んでしまう、と感じています。携帯事業、テレビ事業が海外に移行し、最後に残った自動車事業も同じ道をたどる、と小谷田は予想しています。この場を借りて、小谷田がこれまで経験したことをお伝えし、また、現在、コンサルティング等を実施している中で感じたことをお伝えします。これを見た管理者、技術者の皆様は、自らの役割を考えていただき、自らの活動と比較、何をするべきか分析いただきたいと思います。そして、説明責任を果たすことのできる成果に繋げていただければ幸いです。

自動車機能安全

組込開発技術者が学ぶべきこと

2011年11月に、自動車用機能安全規格であるISO26262の第1版が、発行され今年は第2版が発行されようとしている。組込技術を使用して数多くの安全に関するサービス、システムを40年近く開発してきた一人の技術者として今…続きを読む

自動車機能安全

大変だった関空システム・・・を、書いていたら北海道の地震が・・・

台風21号の影響を受けて大変なことになった関西国際空港の映 像が流されるたびに、「あ~、やっぱりネ。言ったとおりになったね」と 感じた。 この空港には、自分が1992年、1993年に設計し開発を行い納入 したシステムが3…続きを読む

自動車機能安全

カスタマ、サプライヤの役割ぐらいは果たしてほしい

あるカスタマー(OEM)の開発現場の担当者にサプライヤ(Tier-1)からの納品物を見せてもらった。 拝見したエビデンスは、要件レベル、機能レベル(この単語を見てどのようなエビデンスを小谷田がイメージしているかわかります…続きを読む

自動車機能安全

安全だ!と、言える?言えない?

一般ユーザーを巻き込んだ、自動車という道具を利用したサービスがリリースされた。 前職の時代は、他社に勝つために、市場に1番に出すことが第1優先であった。 他社がクリスマス商戦に投入する、との情報を得て、当初の開発期間に対…続きを読む

自動車機能安全

あなたの役割は?? インタフェースする組織や人は誰??

小谷田がトレーニングやコンサル、アセスメントで最初に,「あなたの役割は何ですか? あなたとインタフェースする組織、あるいは人は誰ですか?」と聞くようにしています。 この質問をして即答できない方ばかりなのがスッゲー!不思議…続きを読む