ビジネスと人権:
人権デューディリジェンス等

国連ビジネスと人権に関する指導原則の発行は、人権を企業の責任と位置づけ、人権問題へのより具体的な対応を求めています。また、サプライチェーンなどを含め、企業に関連する多様な人権問題が指摘され、もはや無視のできない企業リスクにも発展してきています。
しかしながら、多くの日本企業においては、取り組みが進んだ状況にあるとは言いがたい状況と考えられます。
こうした、ビジネスと人権への取り組みを具現化するには、経営層や事業部門の理解が欠かせません。

ロイドレジスタージャパンでは、貴社の状況やご要望に基づいた最適の形でフレキシブルにサービスを提供させていただきます。

より具体的には、次のようなご支援を提供いたします。

  • 人権リスク評価・デューディリジェンス
  • 事業部門向け人権リスクワークショップ
  • ステークホルダーエンゲージメント
  • 人権に関する情報開示
  • ビジネスと人権に関する社内研修、解説等

など

詳しくは、下記にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

こちらのフォームから担当者にお問い合わせいただけます。
なお、ご連絡さしあげるまでに数日かかる場合がございます。また、内容によってはお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承願います。

※このページではSSL暗号化通信により、入力いただいた情報を保護しています。

お名前
会社名
所属部門
役職
電話番号

プライバシーポリシーへの同意

お問い合わせ内容