製品開発において、セーフティ対策を実施することが必要不可欠な要素となっています。

セーフティ設計

セーフティに関しては、例えば自動車業界では製品の安全に関する機能安全規格ISO 26262の適用が推進されています。機能安全に対応した開発においては、お客様は、次のような課題、質問に対処できる必要があります。

  • 安全計画をどのように策定するのか、どのようにセーフティケースを作成するか。
  • 確証方策は、どのように実施すべきか。H&Rは、どこまで考慮して実施するか。
  • 製品の故障率をどのように算出するか。SPFM,LFM、PMHFの算出結果からどのように対応すべきか。

ロイドレジスタージャパンは、セーフティ設計の経験豊富なコンサルタントが多数在籍しております、お客様の要望に応じてセーフティ対策を考慮した製品開発の設計支援をいたします。