製品の量産ラインを構築する場合、製品開発の計画段階から量産ライン構築に向けて計画し、実施する必要があります。製品開発では、試作段階、量産前段階、量産といった各段階に応じて量産ラインの検討を実施します。その中で工程における定性的、定量的なデータを統計的に扱う必要があります。測定システムのばらつきを測定システム解析により把握し、工程を安定させ、予測可能な工程とし工程能力を確保する。安定した工程能力のある工程を管理図で管理することで量産ラインが構築できます。
ロイドレジスタージャパンは、お客様が量産を行う上での量産ラインの構築の支援を提供いたします。