製品開発支援

製品開発を計画通りに行うには、多くの課題、問題があります。これらの課題、問題に対してうまく対処するためには、製品開発に関して、人、物、金の資源の確保、製品開発の仕組みの構築、手順の順守、プロジェクトの管理が重要となります。
人的資源においては、必要な要員を確保し、如何に活用するかがキーとなります。業務に関わる要員の力量を適切に把握、業務に合った要員を適切にアサインする。要員の力量を把握せず、実施すべき業務を明確にせずに要員を配置すれば、プロジェクトは明らかに失敗します。
マネジメントシステムが曖昧で十分に構築できていなければ、品質が安定した信頼性のある製品は、開発できません。プロジェクトの進捗を適切に管理できなければ、製品開発は、効率的に推進することはできません。
ロイドレジスタージャパンは、皆様が計画に沿って製品開発を成功裏に完了するための必要な業務支援を提供いたします。豊富な経験を持つコンサルタント、エンジニアが知見、経験、技術スキルで皆様の直面する課題、問題の解決とリスク回避にお役に立ちます。

製品開発支援サービス一覧

  • MS構築支援
    MSには、ISO9001、自動車業界のIATF16949などがあります。ロイドレジスタージャパンは、これら各種のMSに対応したプロセス構築の支援を提供いたします。
  • 設計リスク低減支援
    製品開発においては、設計初期段階のリスク低減が製品品質に大きく影響します。ロイドレジスタージャパンは、設計段階のリスク低減に効果の高いFMEA実施の支援を提供いたします。
  • S&S設計支援
    製品開発においては、セーフティ、セキュリティに対応した設計が必要不可欠な要素となっています。ロイドレジスタージャパンは、製品開発におけるセーフティ、セキュリティに対応した設計支援を提供いたします。
  • システム開発支援
    製品開発においては、開発フェーズとして、システム要求分析、要求仕様から最終的なシステム試験まで多くのフェーズがあります。ロイドレジスタージャパンは、お客様が各開発フェーズで必要とされる支援を提供いたします。
  • プロジェクト管理支援
    製品開発においては、プロジェクトによる開発が推進される場合が多くあります。業務が多岐にわたるプロジェクトを成功裏に終えるのは並大抵のことではありません。ロイドレジスタージャパンは、お客様がプロジェクトを円滑に遂行できるよう必要とされる支援を提供いたします。
  • 量産ライン構築支援
    製品生産の量産ラインを構築するには、製品開発の計画段階から検討する必要があります。品質が安定した量産ラインにするには、統計的な工程管理が必須です。ロイドレジスタージャパンは、お客様が製品を安定して生産ができる量産ライン構築の支援を提供いたします。
  • 研修・セミナー
    製品開発で開発を成功裏に終えるためには、QMS、プロジェクト管理、開発プロセス、リスク管理等の知識、スキルを必要とします。
    ロイドレジスタージャパンは、お客様の要望に応えるため、知識、スキルを習得するための各種の研修やセミナーを提供いたします。

コンサルタント紹介

堂本 寿紀(どうもと ひさのり)

製品開発支援事業部長

執行役員 シニアコンサルタント

堂本 寿紀(どうもと ひさのり)

数多くの製品、業務に携った経験と親しみやすい人柄で顧客に応じた適切な支援を実施し、好評を得ている。

ミノルタカメラで生産技術の研究開発や計測機器の製品開発に従事。その後、三菱重工業で料金収受機械、ロボット製品、試験装置、H-Ⅱロケット打上げ用監視・制御システム、地上設備、車載用EVモータ、燃料電池など、数多くの製品に携り、設計開発から品質保証に至る業務を経験。設計及び製造要員に対する設計(設計手法、設計レビュー、プログラムラミング、設計FMEA)、量産工程(統計的工程管理、測定システム解析、工程FMEA)、調達先管理等の指導、教育を実施。品質面では、品質管理責任者として、ISO9001をはじめ、ISO/TS16949、MSJ4000(JIS Q 9100相当)のQMS構築から運用、その他機能安全規格ISO26262及びAutomotive SPICE等の開発プロセスの構築も手掛ける。現在、IEC/TS62443(Network and system security )のプロセス構築にチャレンジ中。

ニュース

全てのニュースを表示