「最新の食品安全」をウェブで学ぶ

Zoom ウェビナーを用いたセミナーです。
(ウェビナーはウェブ+セミナーの組合せ)

セミナー途中で、チャット、Q&Aができます。
パソコンのほか、スマホやタブレットからご参加ください。

詳細・申込みはこちら

 

【開催しているセミナー・テーマ】

◯ 無料)「はたらきびとに聞く」クラフトビールの楽しさ
◯ 無料) タイの食品事情~鶏処理施設の運営を通して
◯ 国内HACCP制度化最新動向と今後の食品安全の流れ
◯ HACCP取組むためのポイント解説
◯ 食品安全強化法FSMAおよびFDA査察対応の概要


<続々と嬉しいお声を頂いております>

● 初めてZoomでの受講でしたがとても分かりやすかった
● 周囲を気にせずチャット形式なので質問もしやすいところが非常に良かった
● 短い時間にもかかわらずとても勉強になり、もっと聞きたいと思いました
● 濃い1時間でした
● 重要な話題がよくまとまり、何をしないといけないかよくわかりました
● 在宅でGFSI2020や食品安全の最新情報が得られて有意義でした


限定100名無料セミナー 「はたらきびとに聞く」

クラフトビールの楽しさ~宮崎延岡の製造現場から

いろいろな風味が楽しめるクラフトビール。

中でも、宮崎県延岡の行縢山(むかばきやま)の麓にあるクラフトビール醸造所、宮崎ひでじビールをご存知でしょうか?
​徹底したモノづくり・ヒトづくりと地元・宮崎を大切にしているその姿勢に共感していただけると思います。

今回は延岡の醸造所と結んで、クラフトビールの楽しさを語り尽くします。
・モノづくり、ヒトづくりへのこだわり
・大切にしているもの(地元愛)
・製造現場の様子や最新の商品情報
など、何が飛び出るか乞うご期待!

【直接のお申込みは、共催:食品安全技術センター・ホームページから】
https://bit.ly/3q78431

<講 師> 宮崎ひでじビール株式会社 社長 永野時彦氏
<聞き手> 弊社 取締役 食品事業部長 今城敏

◯ 2021年3月24日 14時~15時半予定
◯ 受講料:無料

※資料を投影しご説明しますが、著作権の関係で配布資料はありません


限定100名無料セミナー
タイの食品事情~鶏処理施設の運営を通して

タイへ進出する日系企業数は増加傾向が続いています。
JETROによると2010年頃はタイの安い労働力を求めた製造業が中心に進出してきました。その後、経済発展を背景にタイの消費市場に向けて進出する企業が増加しています。

海外での事業においては、戦略性を持って展開することが鍵であると耳にします。また、共通の課題として、
1.日本モデルを持っていけばうまくいくという誤解
2.現地のマネジメントを現地スタッフに丸投げしてしまう
3.日本の本社の無関心、現地情報の共有不足
などが挙げられています。

そこで、タイに駐在し食品工場長として活躍されている藤間寿郎氏とzoomでつなぎ、海外事業のマネジメントで大切にされていること、アニマルウェルフェアへの取組みなどを伺います。

◯ 内容
・会社、工場の概要
・日本の鶏肉の消費について
・アニマルウェルフェアの取組み
・工場運営における多種多様な労働者とのチーム作り
・海外工場で従事する日本人としての気づき
・食事情 など

【直接のお申込みは、共催:食品安全技術センター・ホームページから】
https://bit.ly/3rNzjzL

<講 師>GFPT Nichirei Thailand スローターハウス工場長 藤間寿郎氏

-ご略歴-
1997年株式会社ニチレイ入社、診断薬事業部、加工食品部などを歴任
2006年よりニチレイUSA農産調達部長
2010年株式会社ニチレイフーズ品質保証部
2017年よりニチレイグループGFPT Nichirei Thailand*へ異動し、スローターハウス工場長として活躍中
*株式会社ニチレイフーズとGFPT Public Company Limited(タイ王国法人)とのチキン事業を営む合弁会社(株主構成:ニチレイフーズ51%・GFPT49%)


<聞き手> 弊社 取締役 食品事業部長 今城敏

◯ 2021年4月14日 14時~15時予定
◯ 受講料:無料

※資料を投影しご説明しますが、著作権の関係で配布資料はありません


セミナー
国内HACCP制度化最新動向と今後の食品安全の流れ

国内は6月より食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理に取組むことになりました。一方で、HACCPを提唱した米国は、HARPC(ハープシー)を2011年には法制化しています。HACCP制度化をはじめ、食品安全の最新動向を解説し、今後の食品安全の流れを掴んで頂ければと思います。

◯ 内容
・HACCPを取り巻く国内の現状
・食品安全における国際的な業界団体GFSIとは
・米国の最新動向
・次世代型HACCPといわれるHARPC(ハープシー)
・今後の食品衛生管理の枠組み

◯ 日程(いずれも同じ内容です)
・2月22日 12~13時
・3月22日 12~13時 New!
・4月23日 12~13時 New!

◯ 受講料:2,100円(税込)
※PDF資料を事前に配布致します


セミナー
HACCP 取組むためのポイント解説

HACCPとは、食品の製造において安全性を確保するための国際的に認められた管理手法です。 2020年のHACCP制度化の背景とそれに準拠した内容です。

◯ 内容
・HACCPによる衛生管理
・HACCPを取り巻く状況
・食品衛生のハザード(危害要因)
・HACCP取組むための準備(一般衛生管理プログラム)
・HACCP 構築手順
・HACCP 運用に困ったら

◯ 日程(いずれも同じ内容です)
・  2月22日 14~15時
・  3月22日 14~15時 New!
・  4月23日 14~15時 New!

◯ 受講料:3,600円(税込)
※PDF資料を事前に配布致します


セミナー
食品安全強化法FSMAおよびFDA査察対応の概要

食品の輸入において米国は世界最大規模の市場です。 日本からもさまざまな品目が輸出されており、政府も積極的に支援しています。しかし、FDAに関する規制がさまざまにあり、難しさを感じる方もいらっしゃると思います。 食品安全強化法FSMAおよびFDA査察対応のポイント解説します。

◯ 内容
・食品安全強化法(FSMA)とは
・食品安全強化法FSMAにもとづくFDA査察
・食品安全強化法103条(PCHF)
・食品安全計画の概要
・HARPC(次世代型HACCP)の概要
・予防管理適格者 PCQI

◯ 日程(いずれも同じ内容です)
・  2月22日 16~17時
・  3月22日 16~17時 New!
・  4月23日 16~17時 New!

◯ 受講料:3,600円(税込)
※PDF資料を事前に配布致します。


【これまでの開催実績】
2020年
◯ 4月:無料)GFSI2020世界大会参加報告
<弊社今城>

◯ 5月:新型コロナ禍における外食産業の対応
<(株)チャンピオンカレー宮崎裕司氏>

◯ 7月:無料)「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」の取組みポイント
<長野県中小企業振興センター生稲芳高氏、(一財)開田高原振興公社中村健氏>

◯ 8月:無料)HACCPを支える微生物管理技術 MALDI
<九州産業大学中山素一氏>

◯ 9月:無料)美味しい食品の開発とは~有名シェフとのコラボで作る地域ブランド
<国産(株)影山恭英氏>

◯ 11月:無料)食物アレルギー予防への世界の対応
<シッフズジャパン鈴木幸雄氏>

◯ 12月:無料)ハウス食品Gr米国豆腐事業と食品安全事情
<ハウス食品(株)Gr 山本竜太氏>

2021年
◯ 1月:無料)美味しさで未来につなぐ「食べるJAPAN」~美味アワード2021(美味しさの証し)始動
<国産(株)影山恭英氏>

◯ 1月:無料)食とテクノロジーと産業政策~政策OpenLab、フードテック研究会の取組を通じて
<在インド日本国大使館 渡辺一行氏>

◯ 2月:無料)食品製造現場のコロナ予防と対応処置の実際
<(株)TMラボ 佐藤俊氏>

◯ 2月:無料)共に育つ食品安全チームづくりの秘訣
<ナカミ創造研究所 中田麻奈美氏>


Zoom ウェビナーを用いたセミナーです。
セミナー途中で、チャット、Q&A、投票ができます。
パソコンのほか、スマホやタブレットからご参加ください。

詳細・申込みはこちら

 

※お申込み受付は前日までです。
※同業者様からの申込みはお断りさせて頂いております。
食品安全技術センターとの共催です。