ISO 26262 自動車機能安全基礎研修

研修の概要

自動車用機能安全規格ISO26262を組込技術者の立場で、如何に自らの開発に実装するのか、の観点を理解いただけるようにするトレーニングコースです。
「安全」に関する基本的な考え方を基礎とし、基本安全規格IEC61508と自動車用機能安全規格ISO26262の役割、位置づけや今後の自動運転社会に向けた安全の考え方を説明します。
なぜ、ISO26262が開発されたか、自動車特有の安全度水準レベルの考え方、欧米の動向等を説明し、自らの開発活動に効果的に実装するためには何をすべきか、等、開発現場の立場にたった説明をします。
全て、自分の開発現場の経験を基に、欧米の機能安全推進者と意見交換を実施し培った結果をお話しします。自社の生き残りのための良いツールとして自動車用機能安全規格を取り込んでいただくことを目的とした基礎的なトレーニングコースです。

ISO 26262基礎研修のお申込みはこちら

コース内容(プログラム)

  1. 機能安全との出会い
  2. 信頼性と安全性の関係
  3. 自動車が具備すべき機能安全とは
  4. 自動車業界におけるディペンダビリティ:QMの活動とは
  5. Part-2 機能安全の管理
  6. Part-3 コンセプトフェーズ
  7. Part-4~Part-6 製品開発全般
  8. Part-7 生産および運用
  9. これからの自動運転社会に向けて

講師

ロイドレジスタージャパン株式会社
自動車機能安全事業部長
執行役員 主席シニアコンサルタント

小谷田 一詞(こやた いっし)

喝!サムライ野武士小谷田、モノ作りの現場へもの申す

受講料

51,840円(研修費用48,000円+消費税3,840円、テキスト費用、昼食代を含む)

研修期間

1日間 9時~17時(8時45分受付開始)

定員

8名

開催場所(日時)

開催日: 2018年9月26日(水曜日)【受付終了】

開催場所: 横浜市、ロイドレジスタジャパン(株)研修室

開催日: 2018年10月26日(金曜日) 【受付終了】

開催場所: 横浜市、ロイドレジスタジャパン(株)研修室

開催日: 2018年11月22日(木曜日) 【受付終了】

開催場所: 横浜市、ランドマークタワー25階、TKPガーデンシティーPremium

開催日: 2018年12月13日(木曜日) 【受付中】

開催場所: 横浜市、ロイドレジスタジャパン(株)研修室

ISO 26262 自動車機能安全基礎研修 受講者の声