「わかりやすい」開発現場の立場にたった説明
  • 初めて聞く内容が多く、今後社内で活用したい。(自動車部品製造販売)
  • 難しい内容だと思い受講したが、講師のご経験からの説明が非常にわかりやすかった。(カーナビ、カーAVビ製造販売)
  • 講師の方の経歴から自分とのつながりがあることを知り、機能安全のレクチャーを自分事して聞くことができました。(品質保証)
  • 業界のことも聞けて大変勉強になった。(製造)
  • 実体験の話が聞けてわかりやすい講義でした。(ソフト設計)
  • 受講前より26262への興味が深まった。(ソフト設計)
「そうだったのか!」と思わせる斬新な解説
  • 自社の活動に甘さがあることがわかった。(センサ製品製造販売)
  • 知りたい内容が盛りだくさんであった。(センサ製品製造販売)
  • ありきたりの規格紹介ではなく、本質や真の目的について説明いただける数少ないセミナーだと思います。(システム設計)
  • 「機能による安全」と「機能の安全」の区別など自分の理解が曖昧だった部分がクリアーになり、わかりやすかった。(ソフト開発)
  • 日本とドイツでのASIL判定の違いの例でASILとControlabilityの関わりがわかりやすく IEC61508への理解を深めるべきという説明は非常に参考になった。(ソフト開発)
  • 規格に振り回されずに、武器に出来るようになりたいと思います。(テスト設計)
「身につく」「実務に活かせる」高い学習効果
  • 量産品、開発品の設計プロセスに対し、現実に行っている業務をどのように関連づけるかがイメージできた。(カーナビ、カーAVビ製造販売)
  • 今後社内展開に向けて進められそうです。(自動車部品製造販売)
  • 要求と要件は異なる。いま、当社で言っている要件と要求とが混ぜ合わさっている気がした。(テスト設計)
「また受講したい」と思わせる丁寧なフォロー
  • 講義の内容を持ち帰り、自分の考えていたギャップとの検討をしたいと思います。(品質管理)
  • 今後の自己啓発を考え直す良い機会を得らえた。(ハードウェア設計)
  • 単なるISO26262のみの講義ではない、非常によかった。(システム設計)
  • 内容が非常に濃いので2日間ぐらいのペースでもよかった。(ハードウェア設計)
  • 機能安全プロセスの実例は自社でも採り入れたいと思えた。それらの実例をさらに勉強したく5日間コースや自社でのコンサルティングも検討したい。(品質管理)
  • 受講環境(室温等)についてもお気遣いをいただき、快適に受講することができました。(機械部品)